ウェブサイト改善コンサルティング

作るプロと売るプロは違う。

「ウェブサイトは作っただけでは意味がない。」

耳にタコができるほど言い古されてきた言葉ですが、未だに私どものところへご相談にこられるクライアント様の大半がこのような状況に陥ってしまっています。

「ウェブサイトをプロに頼んで作ってもらったんだけど、忙しくてねえ…」
「きれいなサイトなんだけど、なぜか売れなくて…」
「ちゃんと広告を出しているのに、思うほど売れていかないんですよ、
何がいけないのかさっぱり分からなくて…」

安心してください。

「サイトを作ったけど、売れない」

これは、どの会社も、ウェブサイト制作後に必ずぶつかる問題なのです。

どんな会社でもウェブサイトを作るときは、それなりに気合いを入れて、試行錯誤をこらして、めいいっぱい自分たちのやりたい事、実現したいこと、達成したい目標を掲げて取り組みます。

しかし、完成するとそのできばえに見とれるばかりで、放置気味になってしまっていたりする……こんな状況にあるのは、珍しいことではありません。

さて、では少し帯を締め直して真面目にウェブサイト運営に力を入れてみようか。
そうなったときに、何から手をつけていいか分からないと思います。

こんなとき、ウェブサイトを作ってもらった会社に相談されるクライアント様が多いのですが、的確なアドバイスを得られない事が多いようです。

「更新をちゃんとしなきゃダメですよ。」
「色をちょっと変えてみましょうか。」
「最新のCMSっていうのがありましてね。また別料金がかかるんですが…」

こんな感じで、制作会社からは、なんともお茶を濁すようなアドバイスが返ってくることがほとんどのようです。

上記のアドバイスも、シチュエーション次第ではウェブサイトからの収益をあげるために有効なうち手になることもありますが、あくまで、非常に局所的なアプローチでしかありません。

なぜこのようなアドバイスになってしまうのかというと、ウェブ制作会社というのは基本的にインタフェイス(見た目)を設計するデザイナーと、システムを構築するプログラマー、システムエンジニア、そして、彼らの作業工程を管理するWebディレクターの存在で成り立っています。

彼らは与えられた予算の中で、最大限クライアントの要望を吸収して、なるべく「お客様のやりたいこと」を実現できるように頑張ることにフォーカスしています。

ここが大きな落とし穴です。つまり、制作の人間の基本的なビジネスの仕組みと、スタイルは、顧客の要望を実現することだということです。

つまり、ウェブサイトをどのように商売に活用するか?どのようにすればウェブサイトから収益があがるか?という点については、人から又聞きしたり、書籍や制作会社向けの講習会で「聞いたこと」はあっても、自分たちが実践者として「やったこと」はないのです。

ここが大きな落とし穴です。

作るプロと、売るプロは明らかに違う経験値、スキルが必要な仕事なのです。

このサービスでは、クライアント様のウェブサイト改善をお手伝いすることを通じて、クライアント様自身がご自身で「どのようにすればよいか」、「どのような手を打てば良いか」を創造できるようになる抜本的なウェブマーケティングに対する定点的な視点をお渡しするのが大きな目的です。

すなわち、プロの視点、プロの思考を御社のご担当社様にお伝えし、自主的にウェブサイトの改善策を社内発で立案できるスキルを身につけて頂くということを一つのテーマにしています。

魚をやるのと、魚のとり方を教えるの、どちらのほうがより価値的か?
という話を一度は聞いたことがあると思います。

当然本質的なアプローチを考えれば後者を選択しない理由はありません。
私たちのコンサルティングは、お客様を弊社に依存させることではなく、弊社とお付き合い頂くことで、自立的かつ主体的なアクションを生み出せる創造力を御社に保有して頂くことだと考えています。

■ このサービスのメリット

1. ウェブサイトのどこをどう改善すれば良いかが分かる

私たちはこれまで50業種、200社以上の企業に対してウェブビジネスのアドバイジング業務を提供しています。ほぼ全ての業界において、既にこれまで同じような事例を扱ってきています。その見地から、御社の場合ウェブサイトをどのように改善していけば業績の向上につながるかを明確に示させて頂きます。

2. 社内で強いウェブマーケティング体制を作るためにやるべき事、改善すべきことがアクションプランレベルで分かる

ウェブサイトの改善を突き詰めていくと、実は【サイト単体の問題ではない】という結論にいきつくことがかなりの確率であります。ウェブサイトだけではなく、そのウェブサイトを運営する母体である組織、もしくはチームメンバーレベルで「体制」を考え直さなくてはいけないことが多々あるのです。プロジェクトが終わるまでに、新しい体制、新しい仕組み、新しい運営ノウハウでウェブサイトを動かしていけるよう体制構築のお手伝いもさせて頂きます。

3. 予算の無駄が省ける

本サービスは副次的なメリットとして「予算削減」にかなり効果があります。なぜ有料のコンサルティングサービスなのに予算削減なのか?ということを疑問に思われるかもしれません。実は、ウェブサイトがかなりの経費ムダ食い機構に成り下がってしまっているケースが多々あるのです。

現状ウェブサイトを運営するために使っているシステムや体制を全て見直すことにより、今の運営経費の2分1以下で、2倍以上の売り上げを生み出すことも可能です。嘘のような本当の話ですが、実際にこれまでそういったケースがかなりの割合でありました。

■ サービスの概要

対象:ウェブサイトおよびウェブの運営体制を改善することにより、売り上げアップや経費削減などの目標に対し
より効果的な結果を得たい経営者様、ウェブご担当者様
料金:150万(税別)/1社
日程:日程については応相談
期間:約3ヶ月程度(3ヶ月〜4ヶ月が標準)

内容:
●ウェブ担当者インタビュー(担当経営者がいらっしゃる場合は役員インタビュー含む)
● プロジェクトキックオフミーティング
● ウェブサイトヒューリスティック評価&報告
● 中間レポーティング
● ウェブ改善案指示
● ウェブ運用ノウハウご担当者様向け講義(チーム受講可)
● 総括

制作系納品物:
● ウェブサイト改善項目(弊社が指示し、御社側に制作いただきます。)
● ウェブサイト改善スケジュール(弊社が指示し、御社側に作成いただきます。)
● 講義レジュメ(Contenaが作成)
● 総括レポート(Contenaが作成)

場所:原則として御社会議室もしくは、ウェブ運営担当部署の執務室にて(ご希望の場合はContenaオフィスにての開催も可能です。)

本サービスでは、上記のような形で、御社のウェブサイトからの収益可能性を細大限まで引き出すためのアドバイスを行います。

ご興味のある方は、下記からお問い合わせフォームに進んでください。
より詳しい詳細などについてご確認されたい場合も一度メールフォームにてご連絡下さいませ。